京都大学 防災研究所 水資源環境研究センター 社会・生態環境研究領域

日本語English
メンバー

研究室の活動

フィールド調査

2019年度

  • 紀伊丹生川玉川峡水生生物調査(4/20-21、和歌山県九度山町)
  • 桂川調査(4/2、京都府京都市・亀岡市)

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

学会・セミナー・イベント

2019年度

2018年度

  • オープンセミナー「ダムの漏水問題とその現地計測」(3/4、宇治キャンパス)
  • 平成30年度 京都大学防災研究所研究発表講演会(2/19-20、宇治キャンパス)
  • 第1回 小さな自然再生サミット2019 神戸大会(1/26-27、神戸)
  • 第2回 再生可能エネルギー新時代における水力開発セミナー(1/26、宇治キャンパス)
  • 防災研究所 大阪北部地震・西日本豪雨災害調査中間報告会(12/20、宇治キャンパス)
  • 4th ISFF(12/5-12/7、モロッコ・カサブランカ)
  • 第63回 水工学講演会(11/25-27、札幌)
  • 土木研究所自然共生研究センター20周年記念シンポジウム(11/21-22、岐阜県)
  • 柿田川生態系研究会(11/17-18、静岡県三島市)
  • 第10回 応用生態工学会 全国フィールドシンポジウム in 浜松(11/14-15、浜松)
  • With Dam ★ Night in KIZUGAWA(11/14、三重県名張市)
  • 第8回川の恵みを活かすフォーラム食味会(11/4、宇治川オープンラボラトリー)
  • 第8回川の恵みを活かすフォーラム報告会(10/27、宇治川オープンラボラトリー
  • 宇治キャンパス公開2018(10/27、宇治キャンパス)
  • 平成30年度 第4回水資源セミナー(10/19、宇治キャンパス)
  • International Symposium on Water System Operations (ISWSO2018) (10/16-20、中国・北京)
  • 京都大学防災研究所特定研究集会(10/11、京都)
  • 竹蛇籠・中聖牛 製作&設置講習会(10/7-8、10/13、12/8-9、12/15-16、京都府井手町)
  • 台湾大学セミナー(10/4、宇治キャンパス)

2017年度

  • 第62回水工学講演会(3/5-7、岡山)
  • 平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会(2/20-21、宇治)
  • 第9回応用生態工学会全国フィールドシンポジウムin阿南(1/27-28、徳島県)
  • 3rd ISFF(12/3-7、オマーン・マスカット)
  • 2017年淀川大堰アユの流下仔魚調査(11/25、大阪)
  • With Dam☆Night in Kisogawa(11/14、岐阜県)
  • 2017年鴨川~桂川と三川合流点アユの流下仔魚調査(11/11,19、京都府)
  • 水資源セミナー(10/31、京都)
  • 宇治キャンパス公開2017(10/28-29、宇治)
  • 第7回川の恵みを活かすフォーラム(10/14-15、京都)
  • 竹蛇籠&中聖牛 制作&設置講習会(9/30-10/1,10/7-8,11/11-12,12/2、京都府)
  • ELR2017 名古屋(9/22-24、名古屋)
  • RCEM2017(9/15-22、イタリア・パドヴァ)
  • 37th IAHR World Congress(8/13-18、マレーシア・クアラルンプール)
  • 85th ICOLD Annual Meeting(7/3-7、チェコ・プラハ)
  • 水資源セミナー(6/26、京都)

 水資源セミナー

2016年度

  • 日台セミナー (9/27、京都)

台湾セミナー集合写真

 

2016年度

  • ダム流砂技術研究会 (1/6、京都)

2015年度

講義・研修

2019年度

    2018年度

    • UNESCO IHP-TC(11/28-12/7、京都府・滋賀県)
    • 第4回 ダムを知るための若手技術者勉強会(8/31-9/1、群馬県)

    2017年度

    2015年度

    • TELEMAC workshop training course/Kyoto

    TelemacSeminar

    The training course of TELEMAC-MASCARET was successfully conducted in 3 days from 22nd to 24th of November. On behalf of the trainees, I would like to express the great appreciation to Dr. Riadh Ata from edf for bringing an opportunity for his dedicated efforts to introduce for us such powerful tool.

    海外交流

    2019年度

    2018年度

    2017年度

    • ETH Master's Trip (7/12、京都)

    2016年度

    角研ゼミ

    2019年度

    2018年度

    2017年度

    • ゼミの様子(12/26、セミナー室)

     20171216角研ゼミの様子

    • ゼミの様子(4/14、研究室)

     

    その他

    2019年度

    2018年度

    • 美しい夕日(2018/10/12、宇治キャンパス)

    夕日

     

    2017年度

    • 桜(2018/3/27、宇治キャンパス)

    さくら

    • 桜(2017/4/8、宇治キャンパス)

    さくら

     

    2016年度

    • ニオイスミレ(3/25、宇治キャンパス)

    ニオイスミレ

     

    PAGE TOP