京都大学 防災研究所 水資源環境研究センター 社会・生態環境研究領域

日本語English
メンバー

研究テーマ

主要研究テーマ

水資源開発ダムのアセットマネジメント手法と貯水池土砂管理技術の開発

 水資源の持続的管理や流砂系の総合土砂管理を実現するためには、貯水池の堆砂対策が鍵となります。黒部川の連携排砂や旭ダム・美和ダムの排砂バイパス等を支援する技術として、1)貯水池土砂管理手法の適用性検討、2)ダム排砂時の土砂移動予測、3)洪水時に流入する細粒土砂の流動制御手法の検討、4)堆積土砂のリサイクル技術や土砂資源マネジメントなどに関する研究を数値解析および現地観測手法により進めています。さらに、貯水ダムにライフサイクル管理アプローチを導入し、堆砂対策を軸としたアセットマネジメントによって、ダム施設の長寿命化を図るための研究を進めています。

生息場地形を介した生態系-土砂水理連携モデルの開発と河床地形管理手法の確立

 河川の生態系機能を保全・再生するためには,生息場の地形を管理する視点が不可欠です。そこで、本分野では、生物多様性や物質循環などの生態系機能を発揮するために必要な生息場条件について研究を進め、河床地形から生態機能を予測してポテンシャルマップを作成する研究や、生息場構造の形成維持に働く土砂水理条件を解明する研究を行なっています。これらに基づいて、河床地形の人為的改変による生態系影響や、自然環境の保全・再生施策の効果を評価あるいは予測する手法の開発を目指しています。

水辺環境の利用と生態系の相互作用に関する研究

 我々人類は古来より自然生産物利用を通して環境を改変しつつ生活してきました。人の資源利用様式が、地域の生態系を変化させるとともに、その制約条件の下で新たな生活様式が産み出されます。したがって、真に持続可能な社会を実現するには、地域生態系の構造、機能、存続の仕組みと人の生活様式や資源利用様式との関係を追究する必要があります。本分野では、堰やダムによる連続性遮断、氾濫原利用、森林利用、栄養塩負荷などの人為的改変に着目し、生息場、種多様性、群集構造、栄養起源、遺伝的多様性などの将来変化を予測するための研究を行っています。

具体的研究テーマ(対象地域)

  • 流砂系総合土砂管理の経済評価(淀川水系、天竜川)
  • 気候変動下におけるダム操作の最適化(木曽川水系、その他)
  • 土砂バイパストンネルの設計(中部、関西、スイス)
  • 土砂移動量の生態リスクマネジメント(木津川)
  • アユの遡上量の将来予測(淀川、鴨川、天竜川)
  • 生息場寿命による河川環境評価(天竜川、木津川、宇治川、イタリア)
  • 乾燥地域におけるワジと洪水(エジプト)

卒業論文

年度名前論文タイトル
2015 狩野幹太 木津川における竹蛇籠水制の生息場形成効果
桑田光明 Assessment of hydropower potential in Japan with consideration of climate change.(気候変動を考慮した日本の水力発電ポテンシャル評価)
2014 三島康二 Methodological study on habitat quantification for Ayu fish using aerial photos( 航空写真を用いたアユの生息場適地の定量化手法)
小柴孝太 Flume experiment on bedload measurement with plate microphone(プレートマイクロフォンによる掃流砂量計測手法に関する研究)
2013 寺田和暉 ダム堆砂および気候変動を考慮した牧尾ダムの水資源管理に関する研究
浦部真治 淀川におけるアユの溯上数に与える大阪湾の環境要因の影響
泉 公祐 アユの産卵に適した副流路の形成と土砂流入条件の関係
2012 粟津陽介 アユの産卵に適した河川環境の形成過程に関する研究
森本昌日 大滝ダム下流の河床環境ならびに底生動物群集の変化と支川流入の影響
2011 橋本和樹 美和ダムにおける濁度流出予測に関する研究
村井彰弘 アユの産卵に適した瀬の河床条件に関する研究
2010 寺田匡德 木津川たまりにおける魚類等の生息場評価に関する研究
中島佳奈 アユの産卵に適した瀬の河床形態に関する研究
2009 中井健太郎 ダム下流における貯水池由来有機物の捕捉効率と河床地形の関係
内藤淳也 ダム堆砂の進行に伴う貯水池生態系の有機物起源の変化

修士論文

年度名前論文タイトル
2015 泉公祐 天竜川におけるアユ産卵床造成のための湧水流路の再生手法に関する研究
浦部真治 淀川におけるアユ遡上数の変動要因解析に基づいた将来予測モデルの検討
2014 粟津陽介 排砂バイパスがダム下流の河床環境に与える影響に関する研究
2013 村井彰弘 地球温暖化による河川流況変化が水力発電に及ぼす影響の評価
寺田匡德 砂州上の流木が形成する止水性生息場の評価に関する研究
2011 中井健太郎 粒状有機物の捕捉能力を高める河床地形に関する研究
内藤淳也 冷水性淡水魚類生態に適した河川水温環境に関する研究
2010 鈴木崇正 土砂供給に伴うアユ産卵環境の変化予測に関する研究

博士論文

年度名前論文タイトル
2015 兵藤 誠 Ecological Evaluation of Shifting Habitat History for Riverbed Management(河床地形管理のための生息場履歴の生態的評価)
Taymaz Esmaeili THREE-DIMENSIONAL NUMERICAL STUDY ON FREE-FLOW FLUSHING FOR ENHANCING THE EFFICIENCY OF SEDIMENT MANAGEMENT IN RESERVOIRS(ダム貯水池におけるフラッシング排砂効率の向上を目指した三次元河床変動モデルに関する研究)
2014 Choi Mikyoung Studies on ecological evaluation of reach-scale channel configuration based on habitat structure and biodiversity relations(生息場構造と生物多様性の関係に基づいた中規模河床形態の生態的評価に関する研究)
Okazumi Toshio Uncertainty Estimation and Reduction Measures in the Process of Flood Risk Assessment with Limited Information
2013 Elsayed Elezabawy Ahmed Kamal Numerical modelling of groundwater system in the Nile Delta and its application to climate change impact assessment
Meshkati Shahmirzadi Mohammad Ebrahim Eco-friendly hydraulic design of in-ground stilling basin for flood mitigation
2012 奥村裕史 Reservoir sedimentation management in hydropower plant for sustainable power generation(水力発電設備の持続的使用を目的としたダム貯水池土砂管理に関する研究)
2010 三石真也 超過洪水等に対する合理的な洪水調節手法に関する研究
Ock Giyoung Particulate organic matter dynamics in the downstream of dam reservoirs
2009 Chutachindakate Chadin Integrated Sediment Approach and Impacts of Climate Change on Reservoir Sedimentation

PAGE TOP