京都大学 防災研究所 水資源環境研究センター 社会・生態環境研究領域

日本語English
メンバー

<案内>排砂バイパスのワークショップ

第2回排砂バイパストンネルに関する国際ワークショップ
  2nd International Workshop on Sediment Bypass Tunnels
 
 開催日時:2017年5月9日(火)~ 12日(金)
 開催場所:講演・発表-京都大学宇治キャンパスきはだホール(9日、10日)
      交流会-京都市伏見区 黄桜伏水蔵(9日夜)
      スタディーツアー-長野県 松川ダム・小渋ダム・美和ダム(10日午後、11日、12日)
    申し込み:事前登録制(登録はこちら締切4月30日 登録の仕方について
       ※講演・発表はCPD対象(11.1単位)
  主催:京都大学防災研究所(DPRI-KU)
  共催:スイス連邦工科大学チューリッヒ校水理水文氷河学研究所(VAW-ETH) 国立台湾大学
  後援:国土交通省 長野県 関西電力
 
 排砂バイパストンネル(Sediment Bypass Tunnel)はダム貯水池の堆砂問題に対する1つの対策として注目されている水理施設です。上流から流れくる土砂はトンネルを通してダム下流へと運ばれることで、貯水池への土砂の流入と堆積を減らし、また土砂の上下流連続性を高めます。下流生態系の地形や生物の観点から、土砂の上下流連続性の重要性は高まりつつあります。
 第1回排砂バイパストンネルに関する国際ワークショップは、2015年4月にスイス連邦工科大学チューリヒ校-水理水文氷河学研究所(VAW-ETH)で行われ、12か国から89人の参加者が集まり、最新の知見や技術について議論が行われ大成功に終わりました。
 排砂バイパストンネルに関する最新の話題を議論するため、第1回開催の2年後となる2017年5月に第2回ワークショップを京都で開催します。最初に1日半の発表会(特別講演、口頭発表、ポスター発表)が京都大学で行われ、その後に2日間のバスツアーによる見学(長野県の美和、小渋、松川のダムバイパス施設)が行われます。
 
 排砂バイパストンネルに興味のある方々の参加をお待ちしています。

ワークショップで扱う話題

A ダム上流(土砂供給条件など)
B トンネル(水理・土砂輸送条件、設計、摩耗問題、管理など)
C ダム下流(地形変化、生態系への影響など)
D 運用(観測、リアルタイム操作など)

プログラム概要

  第1日(5/  9) 京都大学で発表会(開会,基調講演,研究発表),黄桜伏水蔵で交流会
  第2日(5/10) 京都大学で発表会(研究発表,閉会)
          午後にバスで移動 → 昼神温泉(長野県下伊那郡)宿泊
  第3日(5/11) 松川ダム見学 → 小渋ダム見学 → 長野県伊那市 宿泊
  第4日(5/12) 天竜川上流砂防見学 → 美和ダム見学 → 三峰川下流見学 → 京都駅

開催までの日程

  2016年  9月 事前受付開始(下記メールアドレス)
  2016年12月16日 発表要旨提出(下記メールアドレス) 要旨フォーマット
  2017年 2月 1日 参加登録受付開始(登録はこちら、締切4月30日)登録の仕方について 
  2017年  3月18日 発表論文提出締め切り(下記メールアドレスまで) 論文フォーマット

その他

  参加人数の予定:発表会120名 ツアー40名
  参加費:参加登録料10,000円(プロシーディング+昼食+交流会代を含む)
     ツアー参加料45,000円(移動+宿泊+食事代を含む)

問い合わせ連絡先

京都大学防災研究所 水資源環境研究センター 社会生態環境研究領域
kyoto.ecohydro@gmail.com

PAGE TOP